ナナイロウエディング 結婚式 マナー

結婚式に呼ばれた際の女性ゲストの服装とお呼ばれマナー5 選!

投稿日:

 

友人の結婚式や知り合い、または同僚や先輩といった方の結婚式や披露宴に招 待される際に悩むのが着ていくドレスやワンピース。一体どんな服装を着るの が適しているのか迷うのではないでしょうか。

 

結婚式に招待され着ていくドレスやワンピースですが、ドレスコードと呼ばれ る服装のマナーがあります。そこで今回は、女性ゲストの結婚式に招待された 際の服装やアクセサリーの身だしなみに NG カラー、マナーをご紹介します。

 

 

白系コーディネート

 

結婚式において白のドレスは花嫁の色です。そのため招待された方が全身を白 色で着合わせることは、結婚式での主役である花嫁を邪魔するする印象です。 そのため全身白のコーディネートになるのを避け、濃い色のバッグや靴といっ たポイントを合わせてコーディネートしましょう。

 

また、薄い色であるベージュや薄めの黄色などのドレスやボレロなどの羽織り 物は、写真写りによっては真っ白に写ってしまうこともあるので控えた方が良 いです。

 

全身黒カラー

 

黒色は、上品に着こなこすことができるフォーマルなイメージです。そのため、結婚式に招待されてドレス選びに迷った際に、黒のドレスを選ぶ人も多いのではないでしょうか。実は、黒色は喪服を連想させるカラーです。そのため基本 的に全身黒色のコーディネートは控えましょう。

 

黒っぽいドレスや全身真っ黒でなければ黒色のドレスを着ても問題ありません。 黒色のドレスを着る際には、明るめの羽織物やバッグをポイントに合わせまし ょう。

 

2.ドレスの露出

 

結婚式のスタイルは人によってそれぞれですよね。しかし一般的にどのスタイ ルの結婚式にもマナーがあります。ドレスの丈がひざ上 10cm 以上のミニ丈だっ たり、胸の谷間を見せる襟ぐりや太ももまでのスリットといった露出が激しい服装は控えるべきです。

 


また、結婚式の服装のマナーとして、肩を出した服装は良くありません。その ため、肩が出るノースリーブのドレスの場合は羽織物が必須でしょう。結婚式 の場では一見正装であるリクルートスーツも NG です。

 


結婚式お祝いの席です。新郎新婦とその家族へ向け祝意を表すことができる 華々しいドレスアップでお祝いしましょう。

 

3.動物をイメージさせる柄や素材

 

動物の革製品やファー素材などは、殺生を連想させます。そのため結婚式の場 ではふさわしくありません。披露宴においては、食事をする場所でもあります。


 

本物の毛でも偽物の毛でも、食事の際に毛皮の毛やほこりが飛び散る可能性も あります。また料理の中に落ちたり、口の中に入ってしまうことが考えられる ので不衛生になるということも考えられるので NG になるということも理由の一つです。


 

また、布製や紙製といったなどカジュアルなドレスや、キャラクターがモデル の服装も結婚式においてふさわしくないので控えましょう。

 

4.適したアクセサリーと NG なアクセサリーとは

 

結婚式の服装マナーの中でも迷ってしまう小物やアクセサリー類。ティアラや 花冠などの生花は、花嫁とかぶる可能性があるため避けるべきです。また、結婚式で時間を気にすることがよくないとされています。そのため腕時計の着用 は控えましょう。

 

季節外れのアクセサリーやデザインが普段使いを感じさせる用のカジュアルな ものは正装な場である結婚式には NG です。また、揺れるピアスやイヤリング縁起が悪いとされています。家庭が揺れることを連想させるため控えるようにしましょう。


 

実は、アクセサリーには適した時間帯があります。そのため結婚式におすすめ のアクセサリーは、昼間にはパールを身につけ、夜にはダイヤやスワロフスキーが適しているのです。

 

小物やアクセサリー類は、派手すぎ図に結婚式のスタイルや周囲のゲストに溶 け込みお祝いできることが大切でしょう。

 

5.靴やストッキングの選び方



結婚式の際に履く靴は、つま先が隠れる露出が少なめのパンプスが正装とされ ています。カジュアルな印象になってしまうためフラットシューズは避けることが一般的です。オススメのヒールの高さはふくらはぎが綺麗に見える 3 セン チ以上あるヒールの靴が好ましいでしょう。

 

結婚式では肌の露出を避けるということがマナーなので、足の指や甲が露出し ているタイプのサンダル・ミュール・オープントゥパンプスなどは適していま せん。ブーツやスニーカーは、カジュアルな印象になるためも避けましょう。

 

ストッキング

 

マナー違反である素足。そのため結婚式の際には季節問わずストッキングは必 須アイテムです。ストッキングより厚手のタイツは、フォーマルな結婚式にお いてマナー違反になるため NG アイテムです。

 

色は肌色ベージュのナチュラルストッキングが一般的です。黒のストッキング は、葬儀をイメージさせるため強いため、NGです。特に年配の方への印象があ まりよくありません。破れることも考慮して予備のストッキングを持っていき ましょう。


 

まとめ

 

結婚式に女性ゲストが呼ばれた際の服装のマナーやアクセサリーやコーディネ ートカラーをご紹介しました。結婚式はお祝いする場です。そのため正装をし てカジュアル過ぎずに周囲のゲストに溶け込むコーディネートが良しとされて います。

 

結婚式において大切なことは花嫁が主役であることを忘れないことです。その ため、晴れの日を意識し花嫁と被らないようなアクセサリーにドレスの色やア クセサリーに気をつけましょう。しっかりとマナーを守りおしゃれをして、新 郎新婦をお祝いしてみてはいかがでしょうか。

-ナナイロウエディング, 結婚式 マナー

Copyright© ナナイロウエディングの口コミ・価格・サービスを紹介! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.